QQコール
ホーム >技術サポート
技術サポート
NTC金電極サーミスタチップと光通信
2020/04/30 11:04:13

広東愛晟電子科技有限公司から開発、生産したNTC金電極サーミスタチップは、高感度、高信頼性、良好な耐熱サイクル能力、安定性能などの特徴があり、。光通信モジュールやレーザーモジュールに適しています。


光通信産業チェーンは光通信デバイス、光通信システム、光通信アプリケーションの3つの部分を含み、上流には光学、半導体、装備、計測器メーターなどのセット業界も含まれています。光通信デバイスはその物理形態によって、チップ、光活性デバイス、光受動デバイス、光モジュールとサブシステムの4つの種類に分けられます。セットICはチップに分類されます。4種類の中のチップは、InPシリーズ(高速直接変調DFBとEMLチップ、PINとAPDチップ、高速変調器チップ、マルチチャンネル可変レーザチップ)、GaAsシリーズ(高速VCSELチップ、ポンプレーザチップ)、Si/SiO 2シリーズ(PLC、AWG、MEMSチップ)、SiPシリーズ(コヒーレント光送受信チップ、高速変調器、光スイッチなどのチップに分けることができます。Driver、CDRチップ、LiNbO 3シリーズ(高速変調器チップ)など。


電子回路では、データは一般的に電子流によって伝送されますが、電子流はチップトランジスタを通る銅線や多くの抵抗の場合、大量の熱量を発生します。これはデータ量が大きいほど、電子流伝送によって発生される熱量が多いことを意味する。この時、NTC金電極サーミスタチップはその温度監視の役割を効果的に発揮し、熱量が高すぎることを防止し、電子回路の損傷を招く。


NTC金電極サーミスタチップの抵抗値は温度上昇とともに減少し,逆もまた然りである。この特徴を利用して、光通信システムにおいて、温度モニタリング、温度制御の役割をより良く担当することができます。また、NTC金電極チップの使用温度は300℃以上となり、TO-CANなどのパッケージ形式や邦定溶接に適しています。愛晟電子はすでにNTC金電極チップの大量生産を実現しました。光ファイバー通信モジュールに適用します。サイズは0.3*0.3 mmに達することができます。厚さは0.3 mmです。お客様の要求に応じて特別仕様をカスタマイズできます。


下一篇 : 光通信にためのNTCサーミスタチップ

次の一篇 : ない

mqu.cn site.nuo.cn