QQコール
ホーム >技術サポート
技術サポート
自動車用センサー中のNTCサーミスタ
2019/07/09 09:07:33

広東愛晟電子科技有限公司が生産した耐高温NTCサーミスタは高温(-50~180℃、短時間で200℃に達する)に耐え、安定性が高く、信頼性が高く、自動車や高温環境で測定する製品に使用できます。



NTCサーミスタを含む自動車用センサーを例にとって、サーミスタ高温に耐えるという特徴を利用して、主に自動車の温度測定に使われています。例えば、エンジン温度、吸入ガス温度、冷却水温度、燃料温度、触媒温度など。NTCサーミスタ式の自動車用センサーは感度が高く、反応速度が速く、精度が高いため、自動車エンジンは良好な運転状態を維持し、より良い稼働寿命を維持することができます。


自動車用センサーは、その内部の高温NTCサーミスタに対して、その抵抗は温度が下がるにつれて大きくなります。反対に抵抗が小さくなります。NTCのサーミスタを内蔵した自動車用センサーは、エンジンシリンダーやシリンダーカバーの上に取り付けられ、冷却水と直接接触します。このセンサーは高温に耐えられるNTCサーミスタの温度測定の特徴を利用して、エンジンの冷却水の温度を測定し、エンジンの過熱を防止し、破損現象が発生します。自動車電子制御ユニットはセンサにより、処理情報を記憶、計算、分析し、修正信号を出力します。このため、NTCサーミスタの助けで、自動車の電子制御ユニットは温度の変化によってエンジンの冷却水の温度を測定し、分析処理を行い、燃料噴射と点火タイミングの補正信号とします。


そのため、運転者は自動車の運転中、高温に耐えられるNTCサーミスタの温度測定の特徴を利用して、エンジンの冷却水の温度を通じて自動車の現在の運行状態を知ることができます。運転を停止したり、運転を続ける時間がどれぐらいあるか試算することができます。



下一篇 : 光通信にためのNTCサーミスタチップ

次の一篇 : ない

mqu.cn site.nuo.cn